基礎知識

精錬物理&魔法攻撃(精錬Atk/Matk)の意味は?優先して上げる必要はなし!

微課金な管理人です。

ラグマスで理解しにくい概念のひとつが「精錬物理攻撃/魔法攻撃(精錬Atk/Matk)」です。

キャラ強化には必須の知識なのでまとめていきましょう!

結論:精錬Atk/Matkは優先度低い。

結論からいうと「精錬Atk/Matk」は、そこまでがんばって強化する必要はありません

というのも、ラグマスのダメージ計算式において、精錬Atk/Matkは評価の重みが小さいんです。

重要なのは通常のAtk/Matk強化で、こちらのほうがダメージ計算式における重みが大きいです。

具体的に計算式はこんな感じになっているそうです。めっちゃわかりにくいですw

[{(STR×5+通常ATK)×ATK倍率×基本サイズ倍率×追加サイズ倍率×基本属性倍率×相手属性倍率×自分属性倍率+素ATK}×敵Def倍率×種族倍率+精錬ATK]×ダメージ倍率×クリティカル倍率

ラグマスのダメージ計算式

精錬攻撃は、最後の方でちょっとだけ加算されていることに注目しましょう。

つまり、「防御とか種族とかサイズとかすべて考慮したあとに、最後におまけで乗るダメージ量」という感じのニュアンスです。

ギルドで「精錬強化」もできますが、これも優先度低いですね。やることなくなって、最後に強化するイメージでしょうかね〜。

スクリーンショット 2019 11 09 8 06 24

ルーン盤などでは「精錬」が付いていない方のAtk/Matkを強化しましょう!

武器の精錬について。

ちなみに武器の精錬に関しても同じで、レアエンチャントがつく「+6」以上にするのはコスパがあんまりよくないです。

ただし、武器によっては+10などにすることで、特集な付加効果が付きます

ハイウィザードの最終装備「ウィザードロッド+10」は、詠唱短縮10%の効果が付きます。

めっちゃコスト掛かりますが、がんばる価値はありますね!

関連記事:【ハイウィザード最終装備】+10ウィザードロッドの作り方&費用まとめ。

精錬ダメージ自体は小さくても、この効果が大きい場合は+10などを目指す価値があるわけですね。

PvP/GvGでは精錬値大事!

基本的に優先度は低い精錬Atk/Matkですが、対プレーヤー戦(PvP)では有効なパタメータとなります

PvPだと種族やサイズなどのパラメータがなくなるので、結果的に精錬値の重要性が高まるわけですね。

プレイスタイルによっては、精錬値を上げる意味もあるということで!

裏技:ポイントサイトで課金アイテムゲット!

ラグマス攻略は金策が命!

Zenyがないと強くなれない仕様です。マジで……。

結局Zeny集めるなら、課金するのが早いんですよね……。

課金力を高めるのに使えるのが「ポイントサイト」です。

スクリーンショット 2019 10 04 11 14 11

大手ポイントサイト「モッピー」を使うと、獲得したポイントをiTunes、Androidで使える残高に交換できます!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

クレジットカードを申し込むだけ(もちろん無料)で最大で25,000円分のポイントがもらえたりするんで、使いこなすとかなりお得です。+8くらいの武器買えますね!

モッピーでポイント貯めて、ラグマスZenyに変えましょう!

モッピーに登録する